« 知らなかった | トップページ | 03月28日のココロ日記(BlogPet) »

クローン技術

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080323-00000035-yom-sci

クローン技術で作った胚(はい)性幹細胞(ES細胞)を活用し、パーキンソン病のマウスを治療することに理化学研究所・再生科学総合研究センターの若山照彦チームリーダーら日米の研究グループが成功した。
 移植しても拒絶反応がない再生医療に応用できそうだ。成果は米国の科学誌ネイチャーメディシン電子版に23日掲載される。

 パーキンソン病は、脳内の神経伝達物質ドーパミンの不足などで起こる。研究グループは、薬などでパーキンソン病と同じ状態にしたマウスのしっぽからとった皮膚細胞の核を別のマウスの卵子に組み込み、育ったクローン胚から様々な臓器や組織の細胞に変化する万能細胞であるES細胞を作製。ドーパミンを分泌する神経細胞に変化させ、元のマウスの脳に移植した。

 その結果、移植細胞の15~20%が生着。神経細胞が増え、体の動きが改善するなどの効果があった。別のマウスに移植すると、拒絶反応を起こし、症状も改善しなかった。

知識の足りない俺には完全に理解する事は出来ないが、すごいなぁ~と思った

クローン技術関係はみんな関心はあるだろうし、こういう技術の発展は大変嬉しく思う

拒絶反応を起こしたマウスが可哀想な気がするが、実験のためには必要なのだろうな

どっかに細かい説明の記事ないかな?

クローン関係の記事は結構気になるし(好奇心)

クローン関係の本とか欲しいと思った事もあるしね

技術は日進月歩過ぎて、好奇心程度の意欲では集める情報追いつかないしねw

ちょっと知りたい程度に気楽にわかる本があると良いな

今度本屋に行った時に立ち読みでもするか(こういうお堅い本は値段高いのでw)

|

« 知らなかった | トップページ | 03月28日のココロ日記(BlogPet) »

ニュース関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140868/11780491

この記事へのトラックバック一覧です: クローン技術:

» 細胞の寿命 [再生医療と細胞の不死化]
再生医療の細胞供給源 [続きを読む]

受信: 2008年4月22日 (火) 10時33分

« 知らなかった | トップページ | 03月28日のココロ日記(BlogPet) »