最終回 「 影二つ 」 感想

ヤバかったですねw

最終回となると今までの思い出とか、これを見てきての思ったこととかが思い出されて渚が暗くなってるだけで泣きそうでした。

Bパートに入ってからの父親の叫びの所が、泣きましたね

父親良い役だなぁ~

予告がすっごい気になるのですが、どうなるんでしょうねぇ~?

自分的には普通に続きも書いて欲しい気がするけど、そこまで望むのはおこがましいかな?

この後を描くとなると結構大変ですしねぇ~

まぁそんな感じで思い余って、何も書けないって話ですねw

感想記事で異例の短さの記事だw

うむ、今書くとすべてが嘘なような気がして書けないやw

つーことでまた改めて書きましょうw

ではではー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CLANNAD 第11話 「 放課後の狂想曲 」

公式サイトより抜粋

脚 本 志茂文彦

絵コンテ 荒谷朋恵

演 出 荒谷朋恵

作画監督 高橋真梨子

音楽室のバイオリンを貸してもらえることになったことみ。
嬉しいことみはバイオリンを弾いて聞かせるが、その音色は周りの人間を悶絶させてしまう。
杏はバイオリンからことみの気をそらそうと「お笑い」の練習をさせるが、
たくさんの人にバイオリンを聴いてほしいということみのため、バイオリンの発表会を開くことにする。

公式サイトより抜粋終了

さて今回の話は、前の話から一日経ってる状態からスタート

あっとその前に一つ言っておきます

今回の話で大量にバイオリン弾いてるシーンがあるのですが、その部分のキャプは撮ってません

理由は、破壊音波を表現するにあたり画面を揺らす という表現方法を行われてるのですが、これが撮影したやつを圧縮してネットに上げてるやつとかだと、すごく画像が荒くなったりする原因になるので綺麗じゃなくなるのと、キャプにすると表現した方法自体が意味を成さなくなる からです

なのでキャプはすごく少なめなのはご了承ください

ではスタート(久しぶりなのでかなり短め)

ことみ 「 と・・・・・・や・・・・・・くん・・・とも・・・・・・くん 」

Ws001374_3

学校中に響き渡る不協和音

しかし、そんなの演奏をしている当の本人は、

Ws001375_3

ことみ

「 うっとり・・・・・・」

Ws001376_3

ともや

「 あのなぁ~。人が折角良い気持ちで眠ってたのに・・・」

Ws001377_5

ことみ

「 だから、子守唄を弾いてみたの」

Ws001378_3

ともや

「 ショックで永眠するとこだったぞっ!?」

 

そして、さっきの不協和音を聞いた杏、涼、渚はこの教室に急いで駆けつけた。

Ws001380_3

「 こらー。ことみ、あんたって子は~!」

                            

しかし急いで駆けつけた三人にいつも通りにあいさつをすることみ

Ws001381_3

ことみ

「 杏ちゃん。涼ちゃん。渚ちゃん。みんなまとめてこんにちわ」

Ws001382_4

「 こんにちわじゃなーいっ!」

Ws001383_3

ことみ

「 ボン・ジュール?」

Ws001384_2Ws001382_3

「 ちっがーうっ!!」

Ws001386_2Ws001388_2Ws001385_2

ことみ 「 ボ~ン・ジュ~~ル?」

Ws001389_2

「 全然会話にならないのはなんで~っ!?」

「 とりあえず落ち着いてください。杏ちゃん」

ともや 「 そうだ。そいつのペースにハマったら負けだぞっ」

Ws001390_5Ws001391_6

「 わかってるわよっ!! ふぅ~、はぁ~」

Ws001392_2

「 あんたはここで何やってるのよ?」

ことみ 「 バイオリンを弾いてるの 」

Ws001393_2Ws001394_2

「 それは音楽室にあったやつでしょうが 」

ことみ 「 貸してもらえることになったの。そんなに好きなら、しばらく使ってみませんかって 」

ともや 「 なんて迷惑な事を・・・・・・」

Ws001395_2

 

ことみ 「 それではもう一曲 」

Ws001396_2

 

ともや

「 弾かなくて良いっ!!!」

ニコニコにブログ書く方の動画をアップw

見てわかる通り、ホームページの方とは全然違う範囲で表示されるので、ホームページの方に合わせるように書くとこんな感じで画像があっち行ったりこっち行ったりw
言葉も後ろが白なので見にくいですw
画質悪くて、動画の方ではわかりにくいですけどねw
ニコニコに上げてる人って何で撮ってるんだろ?
見比べて、どれくらい違うか見てくれると嬉しいです
数日したら消すかな? なんか恥だしw

| | コメント (0) | トラックバック (1)