とある科学の超電磁砲3 感想

とある科学の超電磁砲 3―とある魔術の禁書目録外伝 (3) (電撃コミックス) とある科学の超電磁砲 3―とある魔術の禁書目録外伝 (3) (電撃コミックス)

著者:鎌池 和馬
販売元:アスキー・メディアワークス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

科学で作ったにしては非科学的な展開だなぁ~とか思ったり

実際問題、木山が言ったことは真実である意味、生徒たちは被害者でありながら加害者なのかな

そんな危険性があるとは知らず能力を得て

そしてそれを発展させることにより、さらに科学技術と能力は発展していく

そうやって問題に気付かず、気付こうとしない(ちょっと傲慢な気もするが)のは既に加害者であるといえる

御坂自身シスターズに関しては被害者に近いはずだが、加害者だと思ってるし(確かそんな感じのことがどっかで書いてたり言ってたような気がする

そういう意味では御坂はそっちにも意識を裂いてしまうかなぁ~

まぁ前半半分はそんな木山のレベルアッパーの話で

後半はジャッジメントとかウイハルとかプール掃除とかまったりした感じの和やか話でした

次の巻とかどんな話が来るのかなー

やっぱ漫画はすらすら読めて楽しいわ

しかし、発行スピードは小説より遅かったり、アニメより展開遅かったりと漫画って厳しいよな……

頑張れ原作がある作品の漫画家さんっ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とある科学の超電磁砲2 感想

とある科学の超電磁砲 2―とある魔術の禁書目録外伝 (2) (電撃コミックス) とある科学の超電磁砲 2―とある魔術の禁書目録外伝 (2) (電撃コミックス)

著者:鎌池 和馬
販売元:アスキー・メディアワークス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

三巻置いてなかったから売ってないのかと思ったが、売り切れだったのか……

二巻はレベルアッパー(漢字忘れた)の話でした

しかし、レールガンの方だとトウマの能力強すぎだな

右手だけじゃなくて範囲で防いでないか?

それに超能力以外も打ち消してる

漫画版だと超能力に関わった物すべての力を打ち消すに近いな

レールガンのコインは防げないはずだったの防いでるからね

しかし、後半で色々と問題提示してるのが特に気になりました

小説読んでないから詳しく知らなかったが、能力をどうやって開発しているのかとかに関わる問題提示だったので特に面白そうだと思えました

あとミサカのルームメイトの黒子の能力

テレポーター?だっけ?

能力の使い方次第でかなり強力なのはわかる

そこで思ったのが、アクセラレータに勝てるのはこいつじゃないか?

です

アクセラレータは通常は体の周りに反射の膜を張ってる設定でした

そして黒子の能力はテレポートなのでその膜を避けて攻撃を与えることが可能なのではないかと思ったのです

物質を敵の体内にテレポートさせれば攻撃できます

ここで問題があります

物の移動はどのようにやっているのか です

超高速移動で途中の物体に影響も与えることもなく移動しているのか

四次元的(多次元でも可)に空間を裂いて現れるのか です

まぁ他にもあるかも知れませんが、これしか思いつかなかったのでこれだけを考察

前者の場合は、物質に知覚や反応、影響すらさせずに移動しているとしますが

アクセラレータの能力も透過できるのか?というところに疑問がでます

一度試してみて失敗だったらどれほどの衝突を反射させられるかわかりません(多分一瞬で死にますw)

後者の場合は障害がないように感じますが、体内に現れたものに対してもアクセラレータが無意識になにか設定しているのであれば効かない かな?

ベクトル変化でどこまで出来るのかわからないが、自分の体に与えようとしてるベクトルを変えれば影響なく取り出したり出来るかな?

まぁちょっと想像つかないので、後者の場合は黒子でもアクセラレータ倒せるのではってことです

それにこの能力は攻撃に用いればかなり強力ですね

予測の上を行く攻撃が出来ますよ

攻撃を知覚出来ないかも知れないですしね

物体を移動させてるだけだからトウマじゃ防げない可能性あるしね

やはり万能で強力という意味ではアクセラレータが今の所最強か

ミサカも強いが、本人が戦闘に向いてないw

そういえば、アニメでちょくちょく見る黒子のスカート内のチョーク?っぽいもの

捕縛に使ったりしてるが、どうやって捕縛してるんだろうか

縫い付ける場所にテレポートは出来るだろうが

チョーク(かどうかはしらないが)だとしたらあの程度の高さから落としてもコンクリートに刺さりはしないだろう

それとも二重でテレポート使ってるのだろうか

まずは目標の座標(高さ、奥行き、左右?w)のうち奥行きと左右だけ調整し、高さは自分で知覚しやすい型か手を伸ばしたあたりか

そしてそのあとで高さだけを調節し、地面に縫い付けてるのかな

そういえば、この作品能力者同士が強力してるところ見たことないな

トウマは協力しないのはいいとして、テレポートとミサカのビリビリ組み合わせたら強力な気がするなぁ

一瞬で近づいて(テレポート)、至近距離でレールガンとか死ぬねw

トウマでも防げなくて死にそうだ

しかし、いつになったらインデックスは魔法使ってくれるのかな(ぇ

そしたら強いと思うんだけどねw

まぁ感想&考察はこんなところです

でわでわー

| | コメント (1) | トラックバック (1)

とある科学の超電磁砲 感想

とある科学の超電磁砲 1―とある魔術の禁書目録外伝 (1) (電撃コミックス) とある科学の超電磁砲 1―とある魔術の禁書目録外伝 (1) (電撃コミックス)

著者:鎌池 和馬
販売元:アスキー・メディアワークス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

御坂と黒子可愛いな

漫画どんなもんだろ、とか思って買ったけどかなり面白かった

御坂スキーな俺にはもしかしたら小説読むより良いかもしれん

それとも御坂が出るとこだけ読むべきか

アニメのあのシーン本当はこういうことだったのかっ!!とか思ったり(作者的には違ったりするのか?)

小説一巻すら読み終えてない俺にはわかんないな

友達に借りるか……

しかし、読めば読むほど常盤台がお嬢様校に見えないw

寮なのは当たり前として(トウマとかはアパートだし)、制服もフツー、授業の感じもフツー

寮がちょっと厳しいくらい?

月曜には続きの2.3巻買って詳しく読もうw

でわでわー

漫画はあっさり読み終わるので評価はなしでw

| | コメント (0) | トラックバック (1)